不倫ブログ第5項 不倫の証拠を見つけるのが先か!別居開始が先か!

2019年6月22日「不倫が原因の離婚」ノート

きっと頭にお花が咲いてしまった夫の話す”理想の別居”。
こんなおバカな申し出を突きつけられる中で気付いてしまった重大な事実。
もしかして、悲しいだとかショックだとか言っている場合ではないのでは・・・?

夫が理想の別居を始めてしまう前に何か不倫の証拠を見つけておかなければ・・・!

スポンサーリンク

不倫の証拠を見つけるのが先か!別居開始が先か!

ひなおの話なんか全く聞き入れずに、夫が自宅と別宅を自由に行き来するという”理想の別居”を確定事項だと強制してくる夫。
もちろん ひなおは納得なんてする訳ないけれど、気付いてしまった。

ひなおが納得しようがしまいが、夫は勝手に別居を始めることが出来てしまう。
「別居」とはしばしそういうものだ。

それは当時まだ1歳の子どもと、出産後に専業主婦となってしまった ひなおにとって、最悪の事態を孕んだとても危険な状況。夫がいつ帰ってくるかもわからない中、本当に生活費を払ってもらえる保証なんてないし、そもそも夫の居場所がわからないなんて何かあった時にどうすんだ!

しかも、あくまでも「一人だった」と言い張る夫ですが、ここ最近ラブなホテルに頻繁に宿泊を繰り返していたことが ひなおにバレた直後。

ひなおが納得していないこの状況で勝手に別居なんて始められたら、一体いつ帰ってくるかなんてわかったものじゃないな~って。

そしてさらに夫は「離婚はしない」と言い切っている。

行方知れずの夫と支払われない生活費・保育園に入れない子ども・働きに出られない ひなお・・・という最悪のケースも頭を過ぎる。

「確定事項だ」なんてふざけた事を言っている夫を前に、あ~これ勝手に理想の別居始めちゃうつもりだな~ってどこか確信してしまったんです。

メソメソしている暇はないわよ!

不倫の証拠を掴め!期限は一週間!?

とにかく夫の自分勝手な理想の別居を実行させてはいけないというのが、まず一番最初にやるべきことに思えたんですが、どうやらこのままではただ引き止めるのは難しい。
「浮気は絶対にしてない!」と聞いてもいないのに言い張る夫に、証拠もないのに不倫の話をしたって無駄なのは、ここまでの会話でよくわかった。

とりあえず別居をやめさせるにしたって、話すらさせてもらえないなら証拠を掴むしかない・・・!
全く持って理不尽な話だけれど不倫の証拠を見つけて初めて、ひなおは対等に話をさせてもらえるのだ。

ただし、夫の話では別居を開始するまで もしかしたら一週間くらいしかない。
ただでさえここ、最近はお泊りに忙しいようで家に帰ってくることが急激に少なくなっているし、小さな子どもを連れて証拠を見つけるっていっても・・・一体どうやって?

尾行?張り込み・・・?(笑)え、どうやって・・・・?突然不倫の証拠を掴もうなんて思い立ったって、リアルにいつかテレビか何かで見たようなこんなことくらいしか思い浮かびませんでした(笑)そしてどう考えても無理です!(笑)子ども連れて自分で証拠集めに動くこと自体ムリな話。

じゃあ誰かに聞く? 相手もわからない上に、夫の知り合いに聞いたって十中八九かそれ以上、夫の味方をするに決まってる。

でもこのまま何もしなければ、いつ夫の居場所がわからなくなってもおかしくない。

心臓が飛び出てしまいそうなくらいイヤな音が鳴り響き続ける中、出来る限り気持ちを落ち着かせて状況を整理してみる。

  • 突然夫の帰りが遅くなり始め、夫が居たのはラブなホテル(夫は常に一人で宿泊していたと言い張っている)不倫相手は実家か同居人がいる?
  • ラブなホテル滞在がバレた途端にいきなり「別居しよう」既に同棲の話は出ていたけど はぐらかしていたor踏切っていなかった?不倫がバレそうになり半同棲を決意?
  • 別居の開始は1週間後”くらい”家はまだ決まっていないけど目星はついてる?
  • 生活費は全て夫が支払う・お金は大丈夫☆同棲先の費用は不倫相手もち?
  • 夫「離婚はしない」→証拠がなければ不倫を認めることはない。

何でもいいから早く証拠を見つけないとヤバイんじゃないだろうか・・・!?

頻繁に会っている割に一度もお相手の家に行っていないらしいことから、「お相手は一人暮らしではない」と何となく思っていたら、夫がここでさらに出してきた条件。「何か疑う様子があるみたいだから別宅を借りることにするんだよ!もしお前が俺の帰りが遅かろうがなんだろうが何も言わずに毎日ニコニコしてくれていれば別居はやめてもいい。どうする?」
何故この男はこんなに上から目線なのかをまず突っ込みたい。ひなおの予想では「一緒に暮らしたいねー☆」とかお相手とテキトーに話していたところ、お相手は結構本気。そんな中、早くも不倫がバレそうになり、「別居スタイルにすれば不倫バレなくね?よし!離婚はしないし両方行き来しよう!」・・・ってところなんじゃないかなーと。

ここまでの展開で、夫の頭の中には花が咲いているらしいことがよくわかったし、夫のおざなりな思考回路から生み出されているのは、大方こんなもんだろう。

夫が ひなおをバカにしているのはもちろんわかっているし、「夫の思考回路大丈夫ですか?」とか皆様の言いたいことはわかります!けど、それ以前に自分に相当の自信がなければこの期に及んでこんな言い方は出来ませんよね。
結構ここまでの流れでひなおはショックや不安な気持ちで平常心を保ててなかったとは思うんです。
でも第三者目線である皆様はもうこの時点で既におわかりのハズ。
あなたの夫・・・

自・意・識・過・剰☆

突如として追い詰められた ひなおは、夫がいつ帰ってくるかも、いつ出てってしまうかもわからないこの状況で不倫の証拠を見つけるにはどうしたら良いのか真剣に考えさせられる。

そしていくつかの考えが巡ってはあきらめるを繰り返す頭の中に、それはごく自然に浮かんできた。
ひなおは禁じ手を思いつく。
ひなおに出来ることも、残された方法も、多分コレしかない。

スポンサーリンク