不倫ブログ第8頁 夫のスマホを見たら一発で不倫の証拠を見つけてしまった…

2019年7月2日「不倫が原因の離婚」ノート

相変わらず詰めの甘い夫のおかげで見事スマホのロック画面を突破した ひなおです。
ついに ひなおは禁断のページを捲ってしまった…。

夫のスマホを見たら一発で不倫の証拠を見つけてしまった…

スマホ

いや~、まさか一発で疑惑どころか不倫は確実だと悟ってしまうあからさまな証拠が出てくるとは…。

「あなたの夫、絶対不倫してますやん~!」って、証拠がなくたってこれまでの夫の行動が物語っている訳ですが、この時の ひなおはほんのわずかながらまだ希望を抱いていたんですよ。
もちろんほんのつい最近までは「これからもずっとこの人と一緒にいる」って思ってしまっていた訳で。いきなり訪れたこの状況と夫の豹変ぶりに、頭も気持ちも追いついていなかったんだと思います。

LINE(ライン)にはガッツリ不倫の証拠となるやり取りが…

まず ひなおが見たのは夫のLINE(ライン)。これまでの夫と比べたらここ最近のLINE(ライン)の着信通知の量はまさに異常事態。
それに引き換え、こちらも頻繁に鳴るようになった電話の着信には家では絶対に出ていない。
やっぱり目に見えてわかるのはLINE(ライン)だ!!と思い真っ先に開く。

そしてすぐさまトーク画面の1番上のある女の子が目に入る。

…誰!?

咄嗟に「これだ!」って思ったのも束の間、ひなおの頭に?マークが浮かぶ。

自撮りのプロフィール画像は誰だか全然わからない。でも、表示されている名前はものすごく知っている。
ひなおの中のここ数ヶ月間の様々な記憶が即座に繋がった気がした瞬間。

予想外の嫌な予感を抱きながら、最近よく聞きなれた名前のトーク画面をタップする。

そしてトーク画面では予想以上の会話が繰り広げられていたのです。

「好き」と「会いたい」のやりとり

もうこのやり取りを見てしまった時の感情はどう表現したら良いのか…。
(※LINEのトークは実際に見たものを表現したイメージです)

××は夫くんのこと本気で好きだよ(>_<)♡

ありがとう~(*^_^*)

夫くんも××のことすごくおもってくれてありがと(;_;)♡
夢みたい!

××ちゃんそれは逆だよ(*^_^*)

そんなことない(>_<)(>_<)

…的なやり取りが真っ先に目に入ることとなり、初撃から ひなお、大ダメージ…!

あれだけずっと夫くんと一緒にいたのにもう寂しい(>_<)♡

××ちゃんと思ってぬいぐるみに抱きついてます(..)

もう早く会いたくなっちゃった(>_<)
どこにいるの?

ぬいぐるみに話しかけながら寝てる(*^_^*)

もう何してるの~(*^^*)
もう家?

ぬいぐるみを××ちゃんだと思ってイチャイチャしてる(*^_^*)

可愛い(>_<)
家に帰ったの?

※夫は本来こういうキャラではありません。

さらに盛大な追撃をくらいひなお、またもや大ダメージ…!
ショックで大幅に削られたHPですが、夫の会話が普通に気持ち悪くてさらに違う意味のダメージが…。

あぁ…ひなおのダッフィーちゃん…

お相手の繰り返される追求と、質問に答えてない夫が若干気になるところですが…頭が真っ白になりそうになりながらも、必死にトーク画面を遡っていく。

あぁ~××は本当に幸せだわ(;_;)!

××ちゃん好き~(*^_^*)

私も大好きだよ(>_<)♡!

ありがとう~(*^_^*)

早く会いたいよ(>_<)

…的なくだりが続く続く…。

お相手の頻繁に使っている(>_<)の顔も鼻につくところですが、何よりも夫の(*^_^*)←が無性にイラッとくる。

ひなおがくらった衝撃とダメージは相当なものでしたが、同時にものすっごい違和感が拭えない。夫のキャラに「お前は誰だよ!?」感が止まらない。
こういったやりとりのほとんどは夫が自宅にいる時のものでしたが、そういえば夫くん舌打ちしながらLINE(ライン)してたよね?
君は舌打ちしながらこんなやり取りをしていたのか…。

ちなみに、「好き」とか「会いたい」とかのこの手のやり取りは不倫の証拠としては+α程度のもので、あまり有効な証拠ではありませんよ~。

ラブなホテルでの待ち合わせ

一体どこから突っ込んだら良いのかわからないやり取りを遡っていくと、頻繁に”あるホテル”での待ち合わせやホテルに行こうという会話が姿を現す。
そう、まさに先日夫が口走ったラブなホテルの名前「カラフル(※仮名です)」。

タイミングの問題なのか、出入りの目撃を避ける為なのか。どちらかが先に部屋に入り、後からもう片方がその部屋に行くというパターンもあり、ホテルの名前はもちろん部屋番号が何号室?って会話まで出てくる始末…。

この会話を見て、ひなおの心はようやく「やっぱり不倫だ。」って素直に認めてズシンと心と身体が一瞬で重たくなりました。

トークの日付けと時間は、夫が自宅に帰って来なかったほとんどの日や時間と一致。
あうんの呼吸ごとく、どちらかが「もうホテルにいるよ~。」ってLINE(ライン)をすれば「カラフルね☆」って返ってくる。2人の定番の待ち合わせ場所になっていたみたいです。

一緒に帰りたい♡

一緒に帰ろう(笑)

かえろ♡

もう帰る~(*^_^*)

待って、どこに帰るの?

ホテル~(笑)

カラフル?

××もいくー(>ω<)

じゃあホテルに帰ろう~(*^_^*)

うん♡

もちろん♡♡♡

今日は一緒に泊まるぞ~(*^_^*)笑

泊まりたい♡

ねぇどこにいるの?

帰った

どこに?

ホテル

××も行くー

何号室?

なんてやりとりをLINE(ライン)に残してくれてんだ…。

発着信履歴にはLINE(ライン)と同じ名前の履歴が毎日のようにズラ~ッと。

不倫確定!お相手も特定!な瞬間。
夫はまだシャワー中。

心臓が壊れてしまったかのようにすごくドキドキして、呼吸が上手く出来ずに苦しくて、寒くもないのに身体が震えて止まりませんでした。

それでも ひなおの中の一部は確かに思ったんです。
「不倫の証拠GET♪」