幼稚園の年中から子供がピアノを習い始めました

2019年7月3日子育て

ピアノを習う子供

本人のかねてからの希望もあり、年中になったおもちちゃんがピアノを習い始めました。
実は3歳頃からずっとピアノを習いたいと言っていたんですが、大手のピアノ教室は通いやすい近所には少なく、個人のピアノ教室は意外とどこにどれだけあるかわかり辛いもので…;

そんな時、幼稚園で仲良くなったママから「年中から幼稚園経由でピアノのレッスンを受けられる」という話を聞き、年中になるのを待つことにしました。
そして年中になった今年度から念願のピアノを習い始めました。

おもちちゃんがやる気だったので元々入るつもりでしたが、本当に本人にやる気があるのか・先生との相性などもあるので、無料の体験レッスンに参加してみてから申し込みを完了。

スポンサーリンク

ピアノを習うにあたって

ピアノを習うにあたって、悩んだことがいくつかありました。
ピアノって習い事の中でも初期投資や続けるにも結構お金がかかる方だと思うので、他の習い事に比べて考えることが多かったです。

ピアノの購入

まず一番悩んだのがピアノの購入。
ピアノを習うなら自宅にピアノを購入しなければいけません。
でもピアノって結構大きな買い物だし、設置する場所も確保しなければいけない。
しかもどのくらい続けるかもわからないのに、最初はキーボードでいい?電子ピアノはどの価格帯を買えばいいの?とか、考え出したらキリがなくて…。

スポンサーリンク

散々悩んだ末、結局ひなお家ではKAWAI(カワイ)の電子ピアノを購入。
価格帯としてはピアノを習うにあったって最低限のラインとなる10万~15万円のランク。
現在の住まいが賃貸なので、音量調節が出来てヘッドホンも使える電子ピアノなのは必須条件。
最後の最後まで悩んだのが電子ピアノのスペック&価格帯ですが、色々と考えたりピアノの先生に相談した結果、ようやく機種を決められました;

今回購入したのは KAWAI(カワイ) CN27 プレミアムホワイトメープル調。

ピアノ
KAWAI CN27(プレミアムホワイトメープル調)

どの電子ピアノを買えば良いかわからない」「ピアノのレッスンや上達に最低限必要となるレベルのピアノを買いたい」「だけどどこまで続くかわからないし、最初はなるべく費用を抑えたい」 「でもやっぱりピアノのタッチや鍵盤の重さに配慮したい」 と色々悩みどころが多い場合にCNシリーズは1番オススメの電子ピアノです!
カラーは他にもナチュラルな(プレミアムライトオーク)と優しいダークカラーの(プレミアムローズウッド)、新色のダークカラー(ブレミアムダークウォルナット)があります。

ピアノを習うにあたって最低限レッスンに必要なタッチ感や鍵盤の重さを兼ね備えている電子ピアノは10万円~が最低ライン。
KAWAI(カワイ)のCN27は10万円ちょっとで買える同価格帯の機種の中でも鍵盤が重めに作られています。
初心者用の電子ピアノとして評価が高く値段もお手頃なことから長年に渡って大人気のシリーズ。

ちなみに、何人かのピアノの講師をしている方に「電子ピアノはどこが良いか」聞いたところ、即答で「KAWAI(カワイ)」と仰ってました。
理由は、電子ピアノは同価格帯で迷う場合は鍵盤が重いものを選ぶ方が良く鍵盤が重めに作られているのがやっぱりKAWAI(カワイ)なんだそう。
KAWAI(カワイ) の鍵盤が他メーカーと比較して重めなのは有名ですね(*°-°*)

7月1日にCNシリーズの新作CN29が発売されました!
さらに使いやすく進化したCNシリーズのNEWモデルです☆
基本的には従来品と大きくは違いませんが、スピーカー技術が向上し音の再生クオリティがアップして、操作パネルも使いやすくなっています。
現在は販売価格もほぼ同じくらいなのでこれから買うならこっちがオススメです!

KAWAI(カワイ) CN29シリーズ

スポンサーリンク

ピアノの音漏れ

そして、いざピアノを買おうと思ったらさらに気になったのが賃貸住宅でのピアノの音漏れについて。
契約書に”楽器禁止”と書いてなくても、基本的に”楽器可”の物件以外は楽器は禁止と捉えるのがベター。ピアノの場合は音を消しても、鍵盤をたたく音やペダルを踏む音が騒音になることもあるのだとか…。
てっきり電子ピアノならOKだと思ってたのに、調べれば調べるほど賃貸では電子ピアノさえダメなんじゃ…と悩みのループにハマり、1度はピアノのレッスンをあきらめそうなまでに…(笑)

そんな悩みをポロッと口にした時、不動産を経営している幼稚園のママの後押しもありマナーを守って使用する分には気にし過ぎなくても良いという結論に。
「楽器可の物件なんてそもそも滅多にないし、そんなこと言ってたら賃貸に住んでる子は皆ピアノ習えないの?電子ピアノやキーボードは普通に使ってるよ~気にしすぎだよ(笑)」て言われたんです (°-°)
よく考えたら、お隣のお家の息子さんは夜中にギターを弾いたり朝方まで歌を唄ったりしているな…(°-°)
電子ピアノでヘッドホンつけて習い始めの子供が練習する分には騒音で迷惑になることはないんじゃないかなって。

この辺はお隣や上下の住人、大家さんや管理会社によって変わってくる部分もありますが。実際にひなお家では、電子ピアノを使ってみたら十分静かです。
本来は気になるなら大家さんや管理会社に事前に相談した方が良いんだと思いますが、もし「ダメ」って言われたらそこまでになっちゃいますからね~ (°-°)
「電子ピアノはダメです」て言われたら、「えぇ~ギターは?」って言えないかもしれないけどきっと思っちゃう (°-°)
もちろんご近所や管理会社に迷惑がかかるようなことがあれば対処します (°-°;)!

ピアノの月謝

おもちちゃんの通っているピアノ教室は幼稚園経由で外部の先生がいらしてくれるので、レッスンも幼稚園で受けられます。
なので体験レッスンに参加した他のママたちと「ピアノやる~?」なんてよくお話をしたんですが、ママたちが一番悩んでいたのは月謝の金額。
おもちちゃんのピアノ教室は年/42回・個人レッスン 月謝7,000円です。
年少~年中くらいって習い事を始める子が多い時期ですが、この頃人気のある体操や水泳、英語教室などに比べると少し割高な金額。
ピアノも買わないとだし、どのくらい続くかわからないし…の要素も合わさって、結局入会をやめる人が結構多かったです。

おもちちゃんはピアノの他にも体操教室と英語教室もやる気まんまんで、その中でもピアノの月謝が一番高く、ひなおも正直迷いはしました。
しかも入会金や教材費とか一気にまとめてお金がかかります。 +ピアノも買うのか~って思ったら、ひなおにとってはかなり大きな出費で (°-°;)
だけど、ピアノの月謝は5,000円~10,000円以上と幅はあるものの、7,000円は平均的な金額。
ピアノの月謝としては決して高くはない訳で、しかも幼稚園でそのままレッスンが受けられるなら送迎も楽だし、むしろすごく良いんじゃないかな~って。
何よりおもちちゃん本人がずっとやりたかったピアノなのでやるしかないでしょう!っと。

ということでピアノを習い始めたにーちゃん。
最初は鍵盤に慣れることやドの音符を書くことから始まり、歌を歌ったりとても楽しそう。
そして習い始めてよくわかったのは、ピアノのレッスンはピアノを弾くことだけじゃなく、姿勢や集中力、書く力や読む力、リズム感や音程などとても沢山のことが身についてきます。
まだ習い始めて数ヶ月ですが目に見えて成長がわかり、ピアノを習って良かった・にーちゃんがピアノやりたいって言ってくれて良かったって思ってます♪

スポンサーリンク

子育て

Posted by ひなお