超簡単!掃除のプロから教わったエアコンのカビ防止法 ほんのひと手間で掃除が楽に!

2018年9月26日生活に役立つプチ知識

エアコン
夏も終わり、段々とエアコンの出番が少なくなってくる9月頃。
実は、エアコンの中のカビは冷房を使い終わった後が一番増殖するそうです。

エアコンを使わなくなる秋頃。エアコンのカビを防ぐには、フィルターの掃除だけではダメ×
かといって、自分でエアコンの内部まで掃除するのはとても大変です。
そこで本来は年に1~2回はプロに依頼した方が良いと言われているエアコンのお掃除問題ですが、実は誰でも今すぐに出来る超簡単なカビ防止法があります☆

ひなおが以前エアコン掃除をプロにお願いした際に、「エアコンの掃除をプロに頼む頻度が減る方法だからあまり皆教えないんだよね~!」と教えてもらった方法です。
本当に超簡単なので、毎年エアコンの使い修め時にぜひ実践してみて下さいね(*゜▽゜*)

スポンサーリンク

超簡単!掃除のプロから教わったエアコンのカビ防止法 ほんのひと手間で掃除が楽に!

エアコンにカビが生える原因は、冷房を使う際に発生する結露水が主な原因です。
冷房を使うとエアコン内で空気が冷やされて室内に吐き出されますが、この空気が冷やされる時にエアコン内に結露が発生します。
基本的にこの時できた水分は排水管を通って外に出されますが、全ての水分が排出される訳ではないので、エアコンの中は湿度が高くてジメジメ。

カビは5~45度まで繁殖することが出来るそうで、そこにホコリなどの汚れが残っているとカビのエサとなり、どんどん繁殖のお手伝いをしてしまいます。

フィルターの掃除でホコリやゴミを綺麗に取り除くのはもちろんですが、それだけでは秋の間もカビはエアコンの中でひっそり増殖を続けています・・・。

エアコンのカビ防止法

一般的によく知られているカビの防止法は次の3つ!

フィルターの掃除

基本中の基本!フィルターにホコリなどが残っているとカビのエサになってしまうので、最低でも月に1回は掃除をします。
エアコンを頻繁に使う時期は特に、2週間に1回くらい掃除するのが好ましいそうです。
フィルターの掃除は消費電力の削減につながるので、電気代の節約にもなります。
ちなみに環境省では、2週間に1回のフィルター掃除の場合、冷房時は約4%・暖房時は約6%の消費電力を削減できるとされているそうです。

送風運転でエアコン内の湿度を下げる

送風運転って普段使わない人も結構多いんじゃないかと思うんですが、実はエアコン内のカビを防ぐ役割もしてくれます。
冷房を使った後に、そのまま30分~2時間くらい送風運転をすると、エアコン内部を乾燥させてカビを防いでくれます

ちなみに、送風運転は元々室内の空気を循環させる機能で、結構気持ちよい風が出てきて扇風機のような感じです。
ある程度部屋が涼しくなったら送風運転でも十分に涼しいので、寝る時にもオススメです☆
機種によってはリモコンに送風運転がなくても、冷房やドライ運転後に自動でしばらく送風運転をするタイプのエアコンもあります。

送風運転は電気代も冷房の約10分の1程度ととても安いので、送風機能を使ってカビを防止しましょう!

部屋の換気

部屋自体の湿度を下げたり、普段から換気をして空気を綺麗にしておくことも、カビの増殖を防ぐことに繋がります。せっかくエアコンを綺麗にしても、湿度が高くホコリが多い部屋ではまたカビが繁殖しやすくなります。

・・・と、ここまでがみんなによく知られているカビの防止法ですが、これだけではまだ不十分なんだそう。
カビの菌はエアコンの中で生きています

エアコン最後の日には暖房を!

エアコンのカビを防ぐのに一番良い方法は、暖房をかけること!

いくらエアコンを綺麗にしていても、冷房を使っていると1ヶ月もすればカビは生えてきます
カビの増殖を抑えることは出来ても、カビを完全に防ぐことは出来ないそうです。
そこでエアコンを綺麗に保つ為には、自分でカビを防ぎつつ、年に1~2回はプロの掃除が必要なんですね~。

暖房でカビの菌を死滅!

「エアコンの掃除頼むの、2~3年に1回で良くなるよ!」と教えてもらった暖房をかける方法。

やり方は超簡単!
「今年はもう冷房使わないな!」っていうエアコン最後の日。
設定温度を最高温度にして2時間暖房をかけます。

これだけ(*゜▽゜*)!

暖房をかけるとエアコンの中が熱くなるので、カビの菌が死滅するそうです。
なので、暖房を使っている冬の間にはカビはほとんど増えないんだそう。

暖房はエアコンの内部に残っている水分も乾燥させてくれます。

「いや、それ仕事減りません!?」って突っ込む前に、「これしてカビの菌焼いちゃえば、掃除頼むのなんて毎年じゃなくても良いからね!一番簡単な方法なのに、あんま教えてくれる人いないでしょ?仕事減っちゃうもんな~(笑)」って教えてくれたお掃除屋さん。
社長さんなのに、「人の為になるように、真っ直ぐ正直に仕事をしたいんですよ~。」って色々教えてくれたお掃除屋さんに感謝☆

ちなみに、これは ひなお がエアコン掃除を頼んだある年のお話ですが、実は引越してからあまりエアコンは使っていなかったのに、酷い汚れだったんです・・・。
引っ越した時期が時期だったんで、冷房は使わずに次の年の夏前にどうもエアコンの臭いがおかしいと思ってお掃除を依頼した訳ですが。
実は入居前に全くエアコン内の掃除がされずに引き渡されていたようなんです。
「ちょ・・・え?クリーニングは!?」って思ったんですが、管理会社や大家さんによってはこういうことは珍しくないそうです。
お掃除屋さんが教えてくれなければ、多分「私の掃除の仕方が悪かったのかなー。」とか「湿気が多いから・・・」なんて思って、まさか元々掃除自体がされてなかったなんて、自分では気付かなかったと思います(>_<)

その年からひなお家では、毎年”エアコン最後の日”には暖房をかけるようになったことはもちろん、引越しの物件探しの時はエアコンの掃除状況のチェックもリスト入りしたのでした。

スポンサーリンク