エルネア王国 プレイ日記2『メリンダ国の人々と再会』

2020年3月24日エルネア王国

再びメリンダ国に降り立った2代目ラブリ・クレール。
ウィアラさんのチュートリアルをこなしながら、早速前世で仲良しだったみんなを探しに。

スポンサーリンク

メリンダ国の人々と再会

ゲーム序盤の進め方は既にわかっている為、若干めんどくさいと思いながらも簡単なチュートリアルミッションをこなしつつ、前世で仲良しだったNPCたちを探してみる。

しかし、これがまたこういう時に限ってなかなか出会えないもので、結構国中を探し回るハメに。
どうせ過去は抹消されたので、まっさらな新しい出会いも良いかな~とも思ったんですが、初恋のマテオと、何だかんだでスピード結婚に至ったドゥーガルを探す手を止められない。

そしてついに!「誰だこの人?」みたいな人や、「あ~いたいたこの人!」な人など、色んな人々に声をかけられながら、ようやくマテオを発見!!

エルネア王国の初恋 マテオ

恋人を作って結婚。そして自分の子供へと世代を引き継ぎながら年月を重ねていくことが醍醐味の一つであるこのゲーム。
前世ではとりあえず独身男性に片っ端から声をかけまくったゲーム序盤。ヤーノ市場で出会って一目惚れしたマテオ。
ついつい王子という肩書きに憧れ、『お城暮らし』に『王族』という夢をみていた最中、”初代PCは王族と結婚することは出来ない”という重大な設定を知り、涙ながらにお友達として共に時間を過ごしたメリンダ国の第3王子です。

メリンダ国 第3王子マテオ
王子マテオ

前世では毎朝1番にラブリ・クレールのところへ来てくれて、色々な場所に誘ってくれたマテオ。
このワイルドな見た目に、毎日探索や採取に誘ってくる積極性。
性格:引っ込み思案 とか嘘なんでしょ?

今世でもヤーノ市場でバッタリ出会ったマテオ。彼はもしかして買い物が好きなのかな。

沢山の人々でごった返すヤーノ市場で、色んな人に声をかけられたりハーブを売りつけられたりしながら、ようやくマテオに話しかけられた。
エルネア王国の人たちって、ちょっと顔見知りになるとすぐに旅人に採取したハーブとか売りつけるんですよね。

あんなに仲良しだったマテオに素通りされるのはちょっぴり心がチクッとするけど、結婚どころか恋人や親友にすらなれないのもわかっているけど、やっぱりマテオが好き。何だかんだでマテオとは再び仲良しに。

性格にも相性があるようだけど、細かくは気にしてません。
今世でもマテオからは毎日お誘いがあるので結局現在1番仲良しのお友達。

前世の夫 ドゥーガル

そしてマテオに少し遅れて、前世で結婚したドゥーガルをようやく発見!

ドゥーガル
ドゥーガル

この憂いに満ちた目元と、癒しのにっこりスマイル。性格やしゃべり方もとっても優しいんですよ。

ドゥーガルとの再会に心が浮き立つこちらの気持ちなんて知る由もなく、あっけなく目の前を素通りするドゥーガル・ブラジウス。なんだか南米の香りを感じるような、感じないような彼です。
前世の夫にスルーされるのもなかなか悲しいものがありますね。
だけどこの時点では、恋人や結婚相手は違う人でも良いかな~と。

だって前世のドゥーガルはとっても優しいんだけど、役職は結婚後も国民!!
エルネア王国では王族以外の職業は大きく分けて4つ。その他の人々の役職はみ~んな国民です。
そう、つまり…the無職!!
エルネア王国では大半の人が国民だし、別にただの国民だってのんびりと生きていける優しい国ですが。
…が!!夫が無職って何だか気になってしまうし、最初こそ1800円くらいは持っていた前世のドゥーガル君は、後に常に数百円しか持ってなかったり、酷い時は無一文(笑)
NPCの職業についてはPC本人との関わり方によってもある程度は変わっていくようだし、元々方向性の設定がどの程度あるのかは個人的に現在不明。ドゥーガルが騎士団に入ったという情報も見たことあるけど、前世の2年半あまりの年月、無職でお金のない夫が気になって気になって…。
ちなみに、結婚相手の無職に悩んでいる人は意外に多いようで、「エルネア  夫 無職」とかで検索すると結構おもしろいです。

それに、ドゥーガルとしかお付き合いやデートをしたことがなかったので、他のキャラともお付き合いしてみたいなーって気持ちも…ね?

だけど今世でもドゥーガルがマテオに負けじと頻繁にお誘いに来てくれるようになり、結局ドゥーガルともすぐに仲良しに。

だけどここで気になることがもう一つ。
前世での結婚の失敗?から、NPCの探索ポイントや仕事ポイントをこまめにチェックするようにしてるんですが、今世のドゥーガルは前世のドゥーガルよりも明らかに働き者なんですよね。
採取や探索をマメにしていて比較的他の国民NPCよりもポイントが高いし、食材や鉱石などを売っているのかお金も普通に持っている。
ゲームスタート時に何かしらキャラの行動設定には微妙な変化があるんじゃないかなーと思わざるを得ない見事な変化です(笑)

他にもっといい人がいるかも…なんて思っていたけれど、何だかんだでやっぱりドゥーガルなのか…?

結局やっぱり王族や肩書きが好き

そして前世ではほとんど関りがなかった第2王子のディーン・クラフ。

メリンダ国 第2王子 ディーン
ディーン・クラフ

やっぱり王族とは仲良くしておきたいなーと思い声をかけたら、誠実なタイプの彼とむじゃきな性格のラブリ・クレールは相性が良いようでこちらもすぐ仲良しさんに。

騎士団に所属している第1王子のデフロットは言うまでもなく前世も今世も仲良し。王族の末っ子、第4王子のレッラも積極的に話しかけてきてくれるので大きくなったら一緒に出掛ける約束を。

メリンダ国の王女、メリンダ陛下は前世でも親友だったので、今世でも親友目指します。

結局王族が大好きなラブリ・クレール。

序盤にお友達になっておくと探索に有利な武術職の方々とは積極的に交流したいし、結局ラブリ・クレールの交友関係は王族と強くて見た目もカッコイイ武術職の人々で固められていく。

中でも特筆したいのが大好きなガスパー・ロポ。

ガスパー・ロポ

よく見ればエルネア世界では年齢もそこそこだし既婚者…(;ω;)
個人的には、既婚者じゃなかったらガスパーとお付き合い結婚したいくらい大好きなNPC。
メリンダ国で1番のイケメンはガスパーだと思ってます。

スポンサーリンク

途中の道すがら、前世で料理をしては毎日のように届けに来てくれたマイカさんを発見したけれど、声をかけるのをやめた。
だって24歳のマイカさん、すぐに死んじゃうんだもん。すっごく優しくてめちゃくちゃ良くしてくれたマイカさんとの早すぎる別れが悲し過ぎて…。
仲良しだったNPCの死は、マイカさんが初だったんです。向こうから声をかけてくれたらまた仲良くなりたいな。

スポンサーリンク