幼稚園のお弁当にピッタリ!可愛い一口ゼリーのレシピ

2018年6月27日お弁当, レシピ

一口寒天ゼリー

とっても簡単に作れて一口でパクッと食べられるゼリー☆幼稚園や保育園のお弁当や、小さい子供のおやつにもピッタリです。
100均でも買えるシリコン型を使って作るので、好きな形で作れて見た目もキラキラ&カラフルでとっても可愛いゼリーです♡

スポンサーリンク

お弁当にピッタリ!可愛い☆一口寒天ゼリー

幼稚園児のおもちちゃんのお弁当のデザートによくゼリーを入れるんですが、パクッと一口で食べられるようなゼリーがあったらいいな~と思ってて思いついたこのレシピ。

フタを開けたりする手間もないので、市販のゼリーをまだ自分で上手く開けられない子にもピッタリです。
いつも、ゼリーのフタちゃんと開けられたかな?開けた時の勢いでこぼしたりしてないかな?って心配になっちゃうんですが、一口寒天ゼリーならそんな心配も全部解消!!

普段お弁当用のゼリーにはアガーを使って作ることが多いんですが、今回は小さい子供でもフォークやスプーンで簡単に食べられる用に、寒天を使っています。
アガーで一口ゼリーを作ると寒天よりもプルプルしてやわらかいので形が崩れやすく時間が経つと多少離水するので、この一口ゼリーのレシピではアガーなどを代用するのはオススメしません
寒天ならしっかり固まるので形も崩れにくく、常温でも溶けずに離水の心配もないので、型を使ったゼリーには寒天を使います。

常温でも固まる寒天で作ったゼリーは、夏場の暑い日のお弁当にも安心して入れられます!

キラキラ可愛い一口寒天ゼリーのレシピ

一口サイズの小さなゼリーなのでフルーツ感が強く、寒天が苦手な子でも美味しく食べやすいレシピです。

【材料】(シリコン型2~4皿分くらいの分量です)

  • 粉寒天・・・2g※
  • 果物缶詰・・・お好きなもの最低小1缶
  • 好きな果物や冷凍フルーツ
  • グラニュー糖・・・30~35g
  • 水・・・180ml

※自宅でも手軽に使える粉寒天を使っています。寒天の量は商品に記載されている分量通りで作っているので、お手元の寒天の適量をよく確認して使って下さい。

シリコン型
今回はセリアで購入したこちらのシリコン型を使っています。

【作り方】

1.果物の缶詰をシロップとフルーツに分けて、シロップの量を量る。
(使うシロップの量は70mlくらい。水と合わせて250mlになればOK!缶詰の小1缶で大体90~100mlくらいのシロップが入っているものが多いです。)

2.シリコンの型に小さく切ったフルーツを入れておく。
(製氷機を使っても作れますが、型から外す際に崩れやすいので、シリコン製の型がおすすめ!)

3・小鍋に水と粉寒天を入れて火にかけてヘラでかき混ぜながら煮溶かします。
ここで2分程かき混ぜながらしっかり煮ます。寒天はしっかりと煮ないと固まりにくくなる場合があるので、必ずしっかり煮ておきましょう・ε・

4・火を止めたらシロップと砂糖を加えてよく混ぜる。

5・先にフルーツを入れたシリコン型にゼリー液を流し入れて、冷蔵庫で冷やします。

6・固まったら型からそっと外せば出来上がり☆

これよりも少ない分量で作ると寒天を溶かす時に作りにくくなってしまうので、作りやすい分量で作って、ゼリー液が余ってしまった場合は別の容器で普通の寒天ゼリーにしてしまいます。

子供も汚さずキレイに食べられる一口ゼリー

寒天というより、フルーツ感が強いゼリーなので、寒天があまり好きではない ひなお家 でも、みんな「おいしい!」とあっという間になくなってしまいます。

見た目もとっても可愛くて、お弁当にもそのままポンッと入れられます☆


お弁当にピッタリの可愛い一口ゼリーのレシピです。
一口ゼリーというとラップでくるんだゼリーが主流ですが、幼稚園の年少さんくらいだとまだラップを自分でうまく外せなかったり、ラップから落としてしまったりすることが多いです。
この一口ゼリーなら容器やフタもいらず、子供も手を汚さずに自分でキレイに食べられます。
好きな形・好きなフルーツを使って、ぜひ色々なバージョンで作ってみてください☆

スポンサーリンク