月見団子の由来ー基本の作り方と簡単で美味しい人気レシピ

2018年8月9日イベント・行事, 生活に役立つプチ知識

月見団子
月見団子の基本の作り方と、お家でも簡単に作れる人気レシピを紹介します。

お月見のお供え物に欠かせない月見団子は、お店で購入するのも良いですが、時間がある日は子供と一緒に丸めて茹でるのも楽しいと思います☆

スポンサーリンク

月見団子の由来とお供えの仕方

月見団子は、十五夜にちなんだ15個と、十三夜にちなんだ13個、1年の満月の数にちなんだ12個(閏年は13個)がお供えされます。
一般的には、十五夜には15個、十三夜には13個のお団子を用意するのが正式とされていて、地域や風習によって12個のお団子を用意する場合もあります。
数を省略してお供えする場合は、十五夜には5個、十三夜には3個のお団子をお供えします。

月見団子は作物の豊作の感謝と祈りを込めて、収穫された米で作った団子を月に見立ててお供えしていたのが始まりです。
また、家族の健康と幸福を願う意味も込められていて、お供えしたら月を眺めながら家族みんなで食べるのが良いとされています。

月見団子の基本の作り方

【材料】(13~15個分)

  • 上新粉orだんご粉・・・150g
  • 砂糖・・・大匙1
  • ぬるま湯・・・130~150ml

【作り方】
1・ボウルに上新粉と砂糖を入れて混ぜ合わせ、少しずつぬるま湯を加えて練る。耳たぶくらいのかたさが目安です。

2・13~15等分に分けて丸める。

3・大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かして茹でる。浮いてきてから2~3分程度を目安に茹でます。

4・ゆでたら冷水に取って、ザルなどに上げて冷まします。この時うちわで扇ぐと照りが出ます。

本来はお砂糖を入れずに作るのが基本ですが、お砂糖を少し加えることでそのままでも食べやすくなります。
好みであんこやきな粉、みたらしのタレなどを付けていただきます。

上新粉を使ったお団子はコシと弾力がありますが、かたくなりやすいです。
かたくなってしまった月見団子は焼いたり煮たりして食べますが、そのまま食べたい場合はだんご粉や白玉粉で作るか、半量を白玉粉にして作ります。
全量を白玉粉で作る場合は、やわらかく形が崩れやすくなるので、練る際に耳たぶより少し固めを目安にします。

お豆腐を加えると翌日までかたくならないので、お豆腐を使うレシピも人気です。

月見団子の並べ方

  • 15個並べる場合

下から一段目・・・9個(3×3)
二段目・・・4個(2×2)
三段目・・・2個
※一番上に並べる2個は、正面から見て縦に並べます。横に2個並べるのは仏事の並べ方です。

  • 13個並べる場合

下から一段目・・・9個(3×3)
二段目・・・4個(2×2)

  • 12個並べる場合

下から一段目・・・9個(3×3)
二段目・・・3個

  • 5個並べる場合

下から一段目・・・4個(2×2)
二段目・・・1個

正式には三方に白い紙を敷いて月見団子を並べます

三方がなければ、お盆やお皿で代用しても構いません。

月見団子の形ーまん丸い形は縁起が悪い

月見団子は十五夜にちなんで一寸五分(約4,5cm)の大きさで作るのが縁起が良いとされています。

また、白くてまん丸いお団子は亡くなった方の枕元にお供えする「枕団子」を連想させる為、月見団子は正式にはまん丸ではなく少しだけ潰して作ります。

簡単で美味しい!月見団子の人気レシピ

  • 時間が経ってもやわらかい!豆腐を使った人気の月見団子

大人気の月見団子のレシピです。
お豆腐を使ったレシピで、時間が経ったり次の日になっても、もちもちの食感が楽しめるとのレポ多数!

出典:coockpad

Cpicon 十五夜☆お月見だんご by *べーぐる*

  • みたらし餡のレシピ付き!大人気の月見団子

人気NO.1の基本的な月見団子のレシピ。
上新粉で作るので、とてもモチモチしてコシのある食感に仕上がります。

Cpicon ☆簡単!モチモチ♡上新粉でお月見団子☆ by まゆみ〜

  • 上新粉と白玉粉を半量ずつ使った月見団子のレシピ

上新粉と白玉粉、または団子粉を半量ずつ使って作るレシピなので、お月見当日はお団子がかたくなるのを防ぎつつ、お団子本来の食感も残しています。

Cpicon お月見団子《お供えにも》 by 涼風mama

スポンサーリンク